円キャリートレードとは何か / 運用方法

円キャリートレードとは?

円キャリートレードは海外投資家がよく行う取引手法で、これは円の金利が他の通貨と比較して格段に低いために行われています。

円キャリートレードでの運用方法としては、海外投資家が投資目的で低金利の円を借り入れて、高い利回りが得られる通貨を買います。その為、近年日本銀行が様々な金融緩和政策を行っていますが、その内の超低金利政策が円キャリートレードに拍車をかけています。

実際の投資例としては、円を借りて(調達)、外国為替市場で米ドルやオーストラリアドル、南アフリカランドなどの高金利通貨を買い、その国の株式や債券などに投資することで金利差による利益を獲得できます。

金利差益の他にも損益が発生する

上記の通り金利差益を目的に円キャリートレードが行われますが、為替相場で購入した通貨に対して円安方向になると為替変動差益も得られます。

その反面、円高方向に変動した場合は為替差損が生じます。金利差益よりも変動差損の方が大きくなる可能性が高いので、為替相場が不安定な時は注意が必要です。

いずれにしても為替相場は常に変動しており、為替変動差損のリスクがいつでもある為、投資を行う時は金利差だけでなく、変動差損の許容範囲も計算しておく必要があります。

為替市場への影響

円キャリートレードでは、円を売って他国通貨が買われるため円安要因となります。

しかし、どの程度為替市場に影響を与えているかは算出が難しいようです。この理由としては、調達した円資金にどの程度のレバレッジが掛けられて運用されているかが把握できないことが挙げられます。

円キャリートレードによって円安になる反面、市場では円売り持ち高の割合が大きくなってくると、持ち高調整として円の買戻しが生じます。
これによって、円相場の乱高下の要因にもなるので、金融当局は注視しているようです。

政府や日本銀行が円売りドル買い介入を行っていますが、この行為も円キャリートレードの一種といえます。
円売りドル買い介入によって購入した米ドルで、米財務証券等を保有している為、日銀も高金利通貨で運用していることになります。

タイトルとURLをコピーしました